026001 生地の素材は何ですか?
「純白の未来」で使用している生地は、ちりめん生地(レーヨン)です。
※濡らすと著しく縮みます。
Top
026002 オフホワイトのものはありませんか?
オフホワイトのアジアンコードを入手できないためご用意できません。
Top
026003 オプションの刺繍をお願いできますか?
表面/裏面共、承れます。
有償のオプションになり、料金は位置および文字数により異なります。
書体・文字数によって大きさが異なりますため、バランス等をご相談の上承ります。
※刺繍についての詳細は 刺繍オプション をご覧ください。
※刺繍枠に入れるために余計に生地を要しますので、材料費(¥105/1枚)を頂戴します。
※表面に刺繍する際、市松にはぎ合わせた生地をまたいでの刺繍はお受けできません。
※ご希望の方は 必要事項 を明記の上、 問合せ よりお問合せ下さい。
Top
026004 キットはサイズを小さくして作れますか?
生地等に印は付けていないので、小さくお作りいただくことは可能です。
※大きさの変更についてはお客様の判断で行っていただいております。予めご了承願います。
次のことが心配されますので、参考の上ご検討ください。
●変更後の大きさにより、リングを通す飾り紐(吉祥結び)の幅の調整が必要になります。
 キットAの場合はこちらで結んでお届けしますので、
 ご希望の大きさを明記の上、問合せ よりお問合せ下さい。
 キットBはご自身で調整願います。
Top
026005 リングはどのように留めますか?
リングの留め方は、商品ページ の写真をご覧ください。
(白&白のため、お使いのパソコン環境によっては見にくい場合があります)
アジアンノットの左右のループにリングを通し、リング&ループがピローの上で遊ばないよう、ループを玉に軽く引っ掛けます。 アジアンコードは伸縮性はありませんので、ループを「固定する」と言うよりも「遊び止め」に玉に引っ掛けるという感じになります。
Top
026006 キットBはノットの結び方の説明書等はありますか?
キットBは、「ピローの作り方」と「アジアンノットの結び方」の2枚の作り方をお送りしております。
「アジアンノットの結び方」は、図解で順に説明させていただいております。
Top
026007 アジアンコードを結ぶのはかなり難しいですか?
難易度については、「お作りいただく方次第」とも言えるので一概に申し上げるのは難しいですが、 "アジアンノットの結び方"としては、それほど複雑なものではないです。
個人によって得手/不得手があると思いますので、2次元の図から3次元をイメージすることが苦手な方には少々難しい作業になるかもしれません。 結び方は、それ程難しいものは使用していないのですが、紐の上を通したり下を通したりしながら形を作っていきますので、得て不得手があると思います。
インターネットご利用可能でしたら、結び方を紹介しているサイトがあります。
(各々結び方の名前で検索してみてください)
インターネットご利用不可でしたら、書店の手芸コーナーに本がありますので、 ご確認いただくと宜しいかと思います。
結び方は、
・吉祥結び
・琵琶結び
・しゃか結び の3種類を使用しています。
Top
026008 「白梅の瞬き」とで迷ってますがアドバイスがあれば教えてください。
全体の印象としては、角がピンと出た「純白の未来」の方が凛とした感じ、「白梅の瞬き」の方が優しい感じを受けます。
生地の色は両方とも純白ですが、2点のテクスチャーを比べると、「純白の未来」の方がしっかりしていて、「白梅の瞬き」の方が柔らかいです。
「白梅の瞬き」はサテン地に梅結びを飾っただけなのでとても清楚で、人によっては物足りない印象を受ける方もいるかもしれませんが、 「純白の未来」は、表は生地を市松にはぎ合わせていたり、ちりめんの地模様もあり寂しい感じはないように思います。
手作りする際生地として扱いやすいのは、どちらかと言えば「純白の未来」です。 「白梅の瞬き」はサテン地で滑りやすいので、「純白の未来」と比べると少し扱い難いかも知れません。
(それ程大きな違いはないように思いますが…)
中綿を入れる口をコの字にすくって綴じますが、アラが目立ちにくいのは「純白の未来」の方です。
(細めの糸を使用すれば、「白梅の瞬き」もきれいに仕上げていただけると思います)
キットBをご検討いただいている場合は、「白梅の瞬き」の方が簡単です。
(使用するノットの結び方は1種類です)
もしも幅の広いリングを選ばれているようでしたら、「白梅の瞬き」だとリングをセットしたとき、
梅よりリングが飛び出しリングの幅広が目立ってしまうかもしれません。
Top